JinTachibana@usa

アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

DPT 1st Year 秋学期

f:id:JinTachibana:20171120121936j:plain

こんにちは、橘ジンです。

 

 

なんだかんだ秋学期も忙しく、もう残すところ1ヶ月と少しですが、なかなか更新できてませんでした。更新しようかな、と思ったりするときもあったのですが、一つ単位を落とせば退学というプレッシャーはなかなか大きく、少しでも勉強の方に時間をさこうと思い、なかなかこちらに手が回ってないのが現状です。Halloweenも勉強以外何もできませんでしたが、Thanks Giving break直前、ようやくひと段落しました。

 

f:id:JinTachibana:20171120122141j:plain

Manhattanのアパートにヒビが入り、強制避難後、QueensのAstoriaに引っ越してきて、なかなか快適な満足な生活を送っています。近所には知り合いはいませんが日本人も多いようで、日本食レストランやFamily Marketという聞いたことのあるような日本のコンビニもあり、学校から少し遠いいということ以外は最高です。

 

 

さて、地獄の夏学期後、秋から本格的に始まったDPT Programですが、授業は夏に比べると時間的には余裕があります。というのも、そこまで詰め込みでない上に、金曜日は休みだからです。まぁ、周りの生徒はEnjoyしていますが、僕は英語というハンデがあるので、金曜、土曜はずっと勉強です↓↓   それでも夏に比べれば日曜のOFFがあるだけ全然マシです。

 

授業内容は、

- Clinical Anatomy (Cardiovascular) = 解剖学

- Clinical Anatomy (Musculoskeletal) = 解剖学

- Biophysical Agent = Deviceを使っての施術法

- Manual Technique = 手を使っての施術法

- PT as Educator/Communicator = PT としての心得的な

- Exercise Physiology = 運動生理学

- Lifespan = 発育発達

です。

基本的に夏学期やったものの応用編、プラス簡単な実技と実験という感じです。

 

今までとの違いは、レポートやプレゼンテーションが多いことです。グループプレゼンですが、それでもフォーマルな服装で行われる45分間という長いものであったり、やはり今までとはレベルの違うものでした。

 

内容は正直難しいですが不可能ではなく、実際にハンデのある僕でも全教科平均90点は超えており、努力でなんとかなるレベルです。ただ、プレゼンや実地試験は教授を患者さんと想定して会話し、診断し、正しい処置をわかりやすく説明しながら実際に行うというもので、僕にとっては最難関でしたが、なんとか乗り越えました。

 

アメリカでPTとしてやっていくにあたって、なくてはならない能力なので、これからはDoctorとしてのコミュニケーション能力を、Youtubeなどを屈指してどうにかしてあげていこうと思います。

来週ようやく初めての5日間の休みがあり、久しぶりにコロラドに帰れるので、楽しみです。

 

 

 

P.S.

今までコメントしてくださった方々、直接メールさせてもらった方々もいますが、返信できていなくて申し訳ありませんでした。新規のコメントはまず別の場所に行くということをしらず、通知のみ受けていました。そのコメント自体を全く見つけられず、てっきりコメントしていただいたけど消されたものだと思っていました。先ほど見つけて早急にコメント、DMさせてもらいました。

質問をくださった方々、本当にありがとうございます。今はコメントがどのようなシステムなのか理解したので、これからは早急に返事いたします。

 

JIN