JinTachibana@usa

アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

NYU DPT 第一回オリエンテーション

こんにちは、橘ジンです。

 

 

この前、New York UniversityのDPT Program 第一回オリエンテーションに行って来ました!

f:id:JinTachibana:20170529060215j:plain

 

一度面接でDPTのキャンパスには行ってましたが、相変わらず見た目は普通にManhattanのビル、ぱっと見ではキャンパスとはわかりません。実際、2回目にもかかわらず入口がわからず、インターホン付きの裏口から入ってしまいました。

 

行って早々、教職員紹介から生徒全員の自己紹介タイムとなりました。みんな名前と出身校を言うのですが、順天堂大学といっても意味がないし、千葉県にある大学と言っても知らないだろうし、どうしようかと考えていたら僕の番になったので、適当にUniversity in Tokyoと言ったら、Tokyo Universityと勘違いされて、すごいねって褒められてしまい、逆に面倒なことになりました。

 

昼休みはクラスメイトと仲良くなろうタイム的なものが設けられたので、1時間くらい自由時間だったのですが、久しぶりにAway感を覚えました。話しているとファーストフードの話になり、そして誰かがCalifornia出身というと「〜っていうお店いいよね」とか、Texas州でも同じような会話になっていて、そんな各州のご当地ファーストフードなんて知らなかったので、全く会話についていけませんでした。

とりあえず僕はその日に話した人の名前と顔を覚えるので精一杯でした。恥ずかしながら、未だにアメリカ人の名前を覚えるのが本当に苦手で、覚えるのにiPhoneのアプリを使ってしまったりしています。。

 

 

午後の内容は、プログラムの紹介と最初の学期の授業登録がメインでした。

実際にパソコン室へ行き、step by step指導のもとクラス登録をしました。

 

最後にNYの治安担当の人が来て、NYという町の安全性について説明してくれました。正直これが一番印象強かったです。

彼女はベテランで、この説明にとても慣れてる感じがしました。おそらく何百回とこのプレゼンをしてきたのでしょう。違う州の大きな町の例や、犯罪データをランキング化して、NYは別に一番危険な町ではないんだというアピールに一時間くらいかけていました。とても説得力があり、NYは実は安全なんだなっと思わされました。

 

そこからNYでどのように振る舞えばいいのかという注意点の話に移行しまして、

  • 夜10時以降外を歩いてはいけない
  • 出かけるときは必ず帰り方がわかる場所に行くこと
  • 迷っても迷ったそぶりを見せてはいけない
  • 携帯の充電は切らしてはいけない
  • 地下鉄の扉近くはひったくりがあるから注意

などなど...

 

今思い出せないくらいの注意点があり、結局相当危険なんじゃないかと思わされました。

 

しかし、3日間NYで生活してみて、おそらく安全なんではないかと思います。なぜなら、一般人と同じくらいの数の警察官が町にいるからです!それはさすがに言い過ぎましたが、でも僕の印象では本当にそのくらい多く感じました。

f:id:JinTachibana:20170529060456j:plain

人の少ない場所や、明らかに怪しいところに遅い時間に行かない限りは、普通に生活するぶんには安全な町だと思います。

 

もう1週間もしたら本格的に引越しなので、楽しみです。

 

 

授業が始まる前に第二回オリエンテーションがあるみたいなので、次回はその話ができればなと思います。