JinTachibana@usa

アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

アメリカでのお小遣い稼ぎ

どうも、橘ジンです。

f:id:JinTachibana:20170520024939j:plain

 

留学はとても費用のかかるもので、僕がこっちで生活していると留学に来れたくらいなのだから家が裕福でお金に困ってはいない、などと思われがちですが、みんながみんなそうではありません。確かにほかの国からの留学生は、相当裕福な人たちが多いように思えますが、僕を含め僕の周りには、 学校の留学プログラムで来ていたり、留学自体の費用に大半を費やしてしまったりで、生活費はかつかつという人も少なくありません。しかも留学生なので、正式にアメリカでアルバイトすることは禁止されている。

 

そんな中でも、皆さん色々な方法でお小遣い稼ぎをしているようで、その辺を紹介したいと思います。具体的な方法はわからないものもありますが、ご了承ください。。

 

まず紹介するのは、正攻法で、学内バイトです。

留学生は規則でアルバイトをすることを禁じられていますが、それは学校外の話であって、学内であれば以下の条件で働いていれば問題ありません。

  • 一週間の労働時間は20時間まで。
  • 祝日、長期休み時はそれ以上働いても良い。

そして、仕事は多種多様で、いろんなものがあります。僕の友達は、大学教授の手伝い(授業の補佐や研究)、レクリエーションセンターの受付やスポーツの審判 、学食のキッチンなどなど。時給は$7~8と決して高くはないですが、小遣い稼ぎですし、それこそ社会経験+実践的な英語の勉強にもなるので、ためにもなると思います。

 

次は、これも王道の一つですが、ネット転売です。僕のルームメイトは遊戯王カードを転売していました。カードを大量に購入できるサイト、または個人などをCraigslistというサイトから探し、そこから大量購入。それを一枚一枚ネットで相場を確認し、高かったものをそれぞれに値段をつけてe-Bayで転売。家には毎月ダンボールで遊戯王カードが届き、土日は部屋でカードの仕分けを楽しそうにやってました。地味ですが、それでも月に多いと$300くらい稼げるそうで、土日だけでしかも楽しくそれくらいもらえるならいいかも知れませんね。

 

次に、投資系です。僕の友達は一日15~20分くらいFXの小さい額の売買を繰り返し、時には損をすることもあるそうですが、それでも安定して平均月$500くらいは稼いでいるそうです。毎日ですが、一日に15~20分であれば、学業にも支障は出ませんし、いいですね。僕はやっていませんが、近々教わろうと思います。

 

最後に、これはグレーゾーンですが、 "ボランティア"として雇ってもらいお金をもらうやり方です。これが実際友達の中でも一番多く、友達の紹介やオーナーとの交渉次第のようです。バレたら一発日本へ強制送還ですが、内部告発以外は99%バレないそうです。実際僕の知り合いだけで10人以上はやっていて、バレたという話は聞いたことありません。ですが、少しでもそのようなリスクは回避したい人はやめたほうがいいでしょう。

 

 

この他にも色々なお小遣いの稼ぎ方もあると思いますが、僕の周りで知っている限りではこのくらいでした。

 

普通に働くと時間がかかりなおかつ少額ですが、確実にもらえます。

投資すればリスクは伴いますが、リターンは大きいです。

 

 

自分の性格や経済状況にあった方法でお小遣いを稼ぎつつ、アメリカ生活を楽しみましょう。