JinTachibana@usa

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

Mac Book Proは買い換えなくても大丈夫!

こんにちは、橘ジンです。

 

 

今日は、僕の愛用のMacBook Proを買い換えようと思った時の話をしたいと思います。ちなみにMacBook Pro 13インチ (Early 2011)モデルです。

f:id:JinTachibana:20170519041747j:plain

 

これは2011年に買ったのですが、最近とうとう色々なところにガタが出始めました。充電器は半分ちぎれ、バッテリーは2時間は持たない、アプリケーションの起動は永遠に時間がかかるし、さすがにもう寿命かと。新しいMacBook Proも出てることだし、買おうかとも考えたのですが、新しいものは$2000オーバー!買えないこともないけど見た目さほど変わらないのに勿体無い気がして、色々調べました。

 

すると、パソコンど素人の僕でもパソコンの色々を理解し、今持っているパソコンを改良する術を細かく教えてくれるサイトがたくさんあって、今回はそれにトライすることにしました。

 

まず気分転換も兼ねて、パソコンケースと充電器の新品を購入。これで見た目雰囲気は新品!

 

次にこの弱り切った電池をどうにかしようと、ネットで調べましたが、パソコンバッテリーは安いものから高いものまでピンキリ。専門家のサイトを拝見したところ、他の部品は別にしても、バッテリーだけはいいものを買わないと発火する恐れがあるから気をつけなければならないと。特に中国製は避けたほうがいい、と書いてあったので、アップルストアで正式なものを買うことに。

しかし、2011年モデルのバッテリーは、古すぎて扱ってないと言われてしまいました。。っと言うことで、結局ネットで買うことに。中でも評価のいいSIKERのバッテリーを購入することにしました。

もう当分使っていますが、問題はなさそうでいい感じです。

 

次にこのパソコンの遅すぎる動作をどうしたものかと調べてみると、どうやらMemory容量が関係しているようで。見てみると僕のMacBookは2GB ×2で4GB。最近のアプリを複数使うには厳しいと言われ、8GBを2つ購入し、16GBにしようとしました。しかし、2011年モデルは公式には16GBに適していないと言われました。それでも、ネットには実際に2011年モデルMacBookに16GBのMemoryを搭載して問題なく作動していると言う話が載っていたので、挑戦することに。やって見た感想、最高です。今までと同じパソコンだとは思えないほど早くて毎日感動しています。

結局これら全てにかかった費用がTotalで$250程度。新しいパソコンを買わなくても、$250でここまで激変するなら、全く文句はないです。部品の変え方もシンプルで簡単で、全てYouTubeに載ってました。

 

皆さんも、動作が遅いなどの不満でパソコンを変えようと考えてるなら、一旦落ち着いて、部品を変えるだけで圧倒的に安く、新品のパソコンと錯覚するくらいの変化を味わえるかもしれませんよ。