JinTachibana@usa

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

英会話には英会話の勉強方がある!

こんにちは、橘ジンです。

 

 

今日は、留学の最大の目的である、英会話について話そうと思います。

 

アメリカに留学する前、大抵みなさんは何かしらの準備、予習をして渡米されると思いますが、どのような勉強をしていますか。僕の場合は、アメリカの大学受験もあったので、まずTOEIC、そしてTOEFL、合格してからもTOEFLの勉強をして留学まで準備していました。

 

しかし、これらの勉強は日常で使う英会話のためにはほぼ意味がないことを、身をもって体験しました。

 

アメリカについてすぐ、大学は合格していましたが、入学前に2ヶ月だけ語学学校に入りました。僕はアメリカの大学に合格するだけの英語力がその時にはあったので、他のクラスメートよりは成績自体は上でした。しかし、まあ喋れない。TOEFLのSpeakingになればできるものの、一般会話となると全くできない。周りの人は英語のクラスではダメなものの、普通にアメリカ人と会話できている人も少なくない。

f:id:JinTachibana:20170519040721j:plain

 

この語学学校での2ヶ月を通して僕が気づいたことは、結局英会話は英会話のための勉強をしなくてはいけないと言うこと。そこからは本当に試行錯誤しました。日本の英会話本をやってみたり、YouTubeで頑張ってみたり、インターネット教材で頑張ってみたり。

最終的にたどり着いたのが、超ベタではありますが、ドラマ "Friends" での英会話勉強。これが実際最高にいいです。Netflixを月々$8ほどで契約し、設定で英語字幕付きで見るのが安上がりですが、僕のようにDVD全話を購入し、パソコンに入れればインターネットのない環境でもいつでも見れます。      

f:id:JinTachibana:20170519040835j:plain

方法としては、普通に聞いていて、何と言ったかわからないところは止めて字幕を確認、意味がわからないものは調べる。それらをノートに書いたり、Quizletに入れて自分でテストしたりする。同じエピソード内でそれを繰り返すことで、いずれとりあえず何と言っているかわからない表現は無くなります。

 

日常会話でまず大事なのはSpeaking力よりListening力!そもそも相手が何と言っているのかわからないと、返しようがありませんからね。"Friends" は日常生活の色々な場面が出てきますし、色々なシチュエーションでの友達との会話、冠婚葬祭や特別なあらゆる行事がカバーされています。そして、全エピソードを終えた頃にはアメリカ日常生活で基本使われる英語表現が相当身にしみているはずです。

 

僕はこれを他のドラマでも試してみました。ストーリーはどれも面白くて最高でしたが、英会話の勉強には "Friends" が一番適していると確信しました。

 

"Prison Break"

f:id:JinTachibana:20170519041105j:plain          

- 発音がハキハキしていないため、難しい

- シチュエーションが基本監獄

 

"The Big Bang Theory"

f:id:JinTachibana:20170519041142j:plain     

- サイエンス単語が多すぎて難しい

 

"Walking Dead"

f:id:JinTachibana:20170519041156j:plain     

- 会話が少なくて時間効率が悪い

- 主人公の地域なまりがわかりにくかったりする

 

 

僕の理想としては、"Friends" をまず完璧にし、ここからもう学ぶものはないと感じたら "How I met your mother" に移行。こちらも同じような内容ですが、"Friends" に比べると比較的新しく、そしてスラングや現代に近い英語が使われていたり、若干トリッキーな表現なども使われていたりしますが、とても勉強になるドラマです。

f:id:JinTachibana:20170519041238j:plain     

                         

見るときは毎回集中しなければいけないわけではなく、僕は家でBGM代わりにテレビでつけていたりすると、無意識のうちに耳が英語に慣れて来る感じがしています。

 

 

 

この自習と同時進行で、以下の三つのことを常時やるように心がけていました

 

  1. あらかじめ使ってみたい表現を2, 3用意して、その日家を出る
  2. 日常会話で人が使っていた、知らなかった表現をメモる
  3. こう言うことを言いたいのに言えなかったー、と言う内容を日本語でメモ

 

自分が英語に表せなかった表現は、家で辞書で調べたり、すでにペラペラの人に聞いたりして勉強しました。少しずつですが進歩していき、数ヶ月で留学生同士ならフレンドリーに会話ができ、1年経てばアメリカでの生活に苦労しないくらいになるまではなると思います。

 

 

英語での日常会話は今まで日本でやってきたアカデミックな英語の勉強や、語学学校でやるような教科書の勉強とは全くの別物。限りなく自然な英会話を教材に勉強をしなければならないので、僕はドラマが一番いいと思います。そこでInputをマスターしたら今度はOutput!これは正直、英語を話せる環境にいないと厳しいかもしれませんが、日本にいて勉強したい人は、できるだけこのOutputの場を見つけましょう。アメリカ人の教える英会話教室や、Skypeで会話してくれる外国人もいます。インターネットで探せば、近くの大学のアメリカ人留学生で、週一カフェで話してくれる人もいます。利用できるものは全て利用しましょう。

 

語学勉強の進歩は本当に少しずつですが、続けていればいつか目に見えて上達するはずです。僕の英語もまだまだで未だにドラマで勉強したりしていますが、これからも頑張ります。