JinTachibana@usa

アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

超簡単!アメリカの運転免許取得!

こんにちは、橘ジンです。

 

 

 

今日は、アメリカでの運転免許取について話したいと思います。

 

 

日本では、教習所に通ったり、合宿に行ったりと時間もお金もかかりますが、アメリカでの運転免許取得はとても簡単です。最短だと、2日、日本円にして5000円くらいで取れてしまいます。

 

まずはインターネット上にある教材で筆記試験の勉強をします。そして好きな時にDMV(アメリカの免許センター)に行き、筆記試験を受けます。

f:id:JinTachibana:20170519035831j:plain

 

筆記試験に受かったら、あとは免許持った人を助手席に乗せて自分で練習してね、と言うのがアメリカ流なので、自信があるなら次の日に運転試験を予約してテストを受けて、合格ならそれで終了です。この時、注意しなければならないのは、本番は自分の車で行くと言うことです。法的基準をクリアしている車とその保険の証明があって初めて運転試験が受けられます。

 

僕は、一年間有効の国際免許を持っていたので、それで運転しつつ、アメリカの運転免許もいずれ必要になるので取得しました。

筆記試験は、英語が難しい人は自分で好きに通訳として誰かを連れて行くことができます。堂々とやりすぎるとバレますが、その通訳が日本人なら、日本語で、「その問題の答えは上から2番目」のように英語を使わずに教えてくれれば簡単に合格できます。僕の周りの人は皆、通訳なしで簡単に受かっていたので、大丈夫だと思って受けましたが、3回も落ちました。未だに信じられません。。。筆記試験は一日2回まで受けられ、初日は二回とも落ちて帰りました。次の日にまた行って受け、その日の2回目でやっと合格しました。

場所にもよりますが、どこのDMVも基本混んでいると思います。僕は朝一、オープン前から日本のパチンコ屋のように並び、それでも中に入って30分は待ちました。それを2日連続でやりました。筆記試験は予約がないので、待つしかないんですね。

f:id:JinTachibana:20170519035726j:plain

 

運転試験はその一週間後に予約を取り、余裕で合格しました。車線の違いはあまりに大きな違いなので、心配しなくても対応できます。あとの大きな違いは、右折は赤でも一時停止でできることと、踏切は一時停止してはいけないってことくらいですかね。日本で普通に運転していた人なら、簡単に合格できます。

 

日本に比べると、最高に簡単です。ただその代わり、ベテランドライバーも多いですが、無知や練習経験の少ないドライバーが日本に比べて多いので、周りには気をつけましょう。

 

いつか、僕がアメリカでバイクの免許を取った時の話もできたらなと思います。