JinTachibana@usa

アメリカの理学療法士 Doctor of Physical Therapist になるための道のりを中心に、海外留学、アメリカでの生活や、大学・英語の勉強について、全て僕の実体験をもとに紹介していきます。少しでも誰かの助けになれればと思ってますので、何か質問などございましたら、是非コメント欄にてお願いします!

最初の夏学期 Part 1

 

f:id:JinTachibana:20170710233709j:plain

こんにちは、橘ジンです。

 

 

久しぶりの更新になりました。というのも、学校が始まって以来、もはや初めての休みといっても過言ではないくらい週7日24時間ずっと勉強漬けです。(睡眠は取っていますが...)

 

NYU DPTプログラムの夏学期は大きく分けて3つに分かれています。6月はPTとしての倫理道徳と法律、細胞学。7月は実際に検体を使っての解剖学と救急救命。そして8月はもう一度細胞学。最初の1/3が終わり、今日が始まって以来初めて、勉強しなくてもいい週末というわけです。

 

今まで長いこと大学生活をやってきましたが、やはりDoctorのプログラムは難しさが桁外れです。もちろん覚悟はしていましたが、これほどきついとは思いませんでした。

 

授業自体は朝から始まり昼過ぎには終わるのですが、そこからが勝負。クラスメイトで協力してVoice Recordingをし、共有、4時間の授業Recordingを聞きなおしながらもう一度ノートを取る。一回一回の授業内容が膨大なため、スライドはほぼ準備されておらず、教授の口から出た言葉全てが試験範囲という感じなのです。授業後は図書館でやるのですが、終わった頃にはもう夜遅く、帰って就寝、翌朝また授業。

 

ここで一番大変だと思ったのは体調管理です。もはや24時間勉強のことしか考えられず、食事はおろそかになりがちで、何度か体調を崩しましたが、それで一度欠席なんてしたらもう追いつけません。いかに食事に時間を割かず、良質な栄養を取れるかが勝負です。

僕は、NYU Main Libraryのすぐ隣のDOJOという日本食レストランにほぼ毎日お世話になりました。料金も$10前後とお手頃で、焼き魚、カレー、ラーメン、丼モノ、日本食のメインどころは全てあり、サラダも付いてくるので栄養は十分だと思います。

 

そして、特に細胞学ですが、何がこんなに難しくさせているのかというと、頼る教材が限られているということです。分厚い教科書か、Recordingのみ。インターネットはあてになりません。教授がその分野の権威であり、Wikipediaはもちろん、インターネットで得られる学術的情報は間違っていることが多々ある、もしくは重要な部分を省いて簡略化されているから、そこから学んでもテストで点数など取れない、と。Wikipediaの情報を元に試験で回答し、間違えている生徒が過去に何人もいて、抗議に来たそうですが、もちろん、間違いは間違いで、門前払い。確かに僕が勉強していた時も、授業内容とWikipediaの内容が違っていたことは数回ありました。

 

細胞学では原子から始まり、それらがどういう仕組みで繋がり、細胞というものを形成しているのか。そしてそれらがどう組織として体の一部となっているのか。そこから授業は病理学、胎生学、体の組織毎の分野と進んでいきます。細胞同士、組織同士の繋がりの種類も数多くあり、絶対将来使わないと思うようなものばかりですが、教授に妥協はなく、これは細かいから知らなくていいよ、なんてことはありません。教授曰く、いずれ診断や施術を勉強する際、必ず必要になる知識だから、今はとにかく頑張れと言われました。

 

"Trust The Process"

うちのクラスでもはや合言葉のようになっていて、くじけそうになったり、こんな細かいところを勉強して本当に将来必要なのかと不信になったりした時、"これは必ず必要なプロセス、信じよう"とお互いに励ましあっています。

 

明日からまた新たに解剖学が始まりますが、これは日本でもコロラドでも散々やって来ました。しかしやはりここはDoctoral Program、油断せずにしっかりやっていこうと思います。

 

NYU DPT 第二回オリエンテーション

こんにちは、橘ジンです。

 

 

NYCに引っ越して来てまだ一週間ですが、相当街の感じには慣れて来ました。

何をしたいときにどこに行けばいいのか、どの辺が栄えていて、どの辺に行っては危ないのか、出会った色々な人に話を聞いているうちに大体頭の中で自分なりのマップが出来上がって来ました。

 

ただどの人に話を聞いても、夜出歩いては危険な街がEast Harlemという、まさに僕の住んでいる街で、家賃が比較的やすい理由に納得がいきました。それでもここに長年住んでいる日本人の方は、一度も危険な目にはあったことはないというので、大丈夫だと思います。

 

 

さて、先日授業が始まる前最後のオリエンテーションがあり行って来ましたが、1回目のオリエンテーションとは違い、授業登録や重要な情報はあまりなく、最も過酷なプログラムの一つと言われるDPTの3年間をどう生き残るかの心構えの指導が一日続きました。

 

心理テストを元に自分はどのような人間で、どのようなことでモチベーションが上がり、どう人と付き合っていくといいのかなどなど。ちょうどその時僕はトイレに行っていたので自分がどういうタイプの人間なのか、結局わかりませんでした。ですが、まぁつまるところ、今まで受験でお互いライバルで競い合ってきて勝ち残ってここにいるので、ここからは生徒同士協力しあって生き残っていきましょうってことでした。

 

半年前に問い合わせた時は、どちらのオリエンテーションも強制参加と言われましたが実際に来てない人は多く、僕も2回目は行かなくてもよかったなと思いました。しかし、クラスメイトや先輩生徒との情報交換はとても貴重だったとは思います。FacebookグループGroupMeというアプリやGoogle Driveなど共有できるようなアプリ全てを屈指してみんなで卒業しようという姿勢には感銘を受けました。そこの中心に立って、情報を発信していくことは僕にはできないと思いますが、有用な情報を受け取るだけでなく、少しでもみんなの助けにもなれればと思います。

 

 

f:id:JinTachibana:20170611044417j:plain

終わった後、学生証を発行するためにDPTの建物からMain Campusまで歩きましたが、これが意外に遠く、地図で見ると近いのに30分かかりました。Washington Square Parkの近くのCampus周りはジムや図書館があり、学生にとってとても環境が良く、いつかこっちの方に引っ越したいと思いました。

 

来週からとりあえず地獄の3ヶ月が始まりますが、これがやりたくて日本の大学卒業後アメリカで5年間も頑張ってきたので、絶対に生き残ってやろうと思います。

NY生活開始!!

こんにちは、橘ジンです。

 

 

 

昨日の夜無事に引越しが完了し、今やっと落ち着き始めました。

NYに来てまだ24時間くらいしか経っていませんが、ものすごく濃い24時間でした。

f:id:JinTachibana:20170606091623j:plain 

まず、LaGuardia空港を利用したのですが、そこからタクシーを乗ろうとすると待ち時間が半端なかったです。いつもマンハッタンに行くときは空港からバスに乗るのですが、今回は引越で荷物がとても多かったので、タクシーを使うことにしました。もともと知り合いからの情報で、バスを使うと場所によっては1時間かかるがタクシーだと30分と聞いていたので、そのつもりでいました。しかし、実際は結局1時間かかりました。

何がそんなにかかったかというと、タクシーまでの待ち時間です。先が見えないほどの待ちの列。30分並んでやっと乗れました。

 

ようやく僕の住む場所に着いたのですが、率直な感想を言うと、予想よりひどい環境でした。

5階建ての5階で エレベーターなし。4人でのアパートシェアで僕は 一番狭い部屋。聞いていた通りですが、ここまで狭いかってほど狭いです。建物への入り口も分かりづらく、入ると5階までの階段、それもとても狭く、日本人でもすれ違うことはできないかと。部屋はベッド、洋服掛け、小さな棚とパソコンの置ける程度の小さな机、あとはギリギリ歩ける程度のスペースが残って部屋紹介終了です。コロラドの実家の、寝室についている物置スペースの方が大きいです。

窓は一応ありますが、エアコンが窓に取り付けられている仕様になっているため、完全に閉めることはできません。一晩中車道からの騒音は入って来ます。。。部屋には別の扉があり、収納スペースかと思えば、実は隣の部屋につながっているから絶対に開けないでくれと言われました。もう環境が何もかも今までと違いすぎて、逆に笑えてしまいました。

 

夜に着いてしまいましたが何も物がなく、次の日の朝食や最低限生活できるものは揃えとこうと、近所を回りましたが、スーパーにあるものがとても高いですね。全てを揃えた大型スーパーマーケットに行きたいと思い、調べたところ、東の川沿いにTarget発見!入った瞬間自国に帰った気分になりました。さすがTarget、なんでもありました。そこでとりあえず、食料品、シャワーで必要なもの、部屋を整理するものなどありとあらゆるものを買い、もちろん車ではないので一番大きな袋を二重にしてもらい、帰り道25分かけてサンタクロースのようにして歩いて帰りました。

 

引越自体も計70kgの荷物をコロラドから運び、この夜もこれだけの荷物を一人で運んだせいか、今朝起きると右手の中指と薬指の靭帯が伸びていて、痛くて動かせませんでした。今も力は入りません。。。

 

一晩たち、今日は僕の生活に必要になるであろう、図書館、カフェ、そして日本食スーパーを近所にないか探索しました。

 

1ブロックすぐ隣に市営図書館があるのですが、小さすぎて勉強なんてできないと思いました。普通の一軒家のワンフロア分くらいしかなく、2階はただ登ると一階が見下ろせるゾーンに入れるだけでした。なんでこの2階を作ったのでしょうか?もともと小さなバスケコートか何かだったんですかね?

 

カフェはありますが、予想通り、勉強で長居ができるような場所はありませんでした。Manhattanだから仕方ありませんね。ただ僕の部屋では全く勉強できる環境ではないので、学校が始まる前にいい場所を見つけないとと、若干焦っています。

 

最後に日本食スーパー。インターネットで調べるとSunrise Martなど色々出て来ますが、Korea TownにH-Martという韓国系スーパーがあり、これはコロラドに住んでいた頃からの行きつけのチェーンだったのでそっちに行きました。予想通り、置いてあるものはほぼ同じで、日本食もなんでも手に入るくらいの品揃えはあり、ここでもとりあえず歩いて持って帰れる分だけ買って帰りました。24時間で全身疲労困憊です。

 

1日住んでみての感想。住んでいる物件自体の環境は除くとしても、Manhattanの北よりは南の方に住むべきだったと思いました。

この近所にも多くのお店はありますが、正直どれも同じです。半分コンビニ半分サンドイッチ屋さんのお店、具体的に何を売ってるか分かりづらい中華やメキシコ料理のお店など。地下鉄で33番近くまで降りてみると、Korea Townや日本食レストランも多く、街並みが少し綺麗になり、カフェでもビジネスマンがパソコン見ながら何かできるくらい大きくなっています。チェーン店が増え、自分が何かを求めている時に迷わず迎える場所が増えます。

 

学校もそっちというのもありますが、結局何をするにも南の方に地下鉄で毎日行くような気がして来ました。確かに北のほうが家賃は安いですが、毎日地下鉄で往復する電車賃と時間を考えたら、多少高い家賃を払って下の方に住んだ方が断然いいんではないかと思っています。

 

しかしまだ僕が引っ越して来て24時間。これでもこの近所の1%も知れていないと思うので、これから開拓して行き、今後の判断材料にして行きたいと思います。

弁護士なんていらない、Green Card申請!(少々長いです)

こんにちは、橘ジンです。

  

今日は、僕がアメリカに来て一番苦労したであろう、嫁のグリーンカード申請から取得までの話をしようと思います。

f:id:JinTachibana:20170529070228j:plain

 

僕たちの状況は少し特殊で、実は僕は東京育ちですが生まれはアメリカなため、アメリカ人と日本人の国際結婚という形になりました。ですので、日本人の方がアメリカ人の方と、アメリカで結婚する際には参考にしていただければと思います。(日本人GC保有者と結婚してGCを取得する場合は、また異なるプロセスかもしれませんので)

 

 

f:id:JinTachibana:20170529070547j:plain

僕は嫁の留学中に彼女と出会い結婚したため、嫁のM-1 Visa のステータスから永住権を得るために僕が申請をしました。

 

グリーンカードの申請は、シンプルな人もいれば僕のように学生国際結婚で複雑なパターンもあります。ですので、トラブルと時間の浪費を避けるために、専門の弁護士さんに頼むケースが多いですが、弁護士事務所では、初期費用、申請代行費用、弁護士費用などが請求され、条件によっては安いところもありますが、合計で$7,000近くもかかってしまうそうです。 幸い大学院受験直後で時間はあったため、僕は全て自分でやることにしました。費用は直接申請にかかった料金だけなので合計で$1,490ですみました。

 

なんせ提出書類が多かったため、ワード1ページに提出書類とそれらで何をしなければならないのかをまとめ、毎日毎日それを確認しながら申請を進めて行きました。そのリストがこちらです。

 

  • I-130 Petition for Alien Relative
  • I-485 Permanent Residence or Adjust Status
  • I-765 Employment Authorization
  • I-131 Travel Document
  • I-864 Affidavit of Support
  • G-325 Biographic Information
  • G-1145 E-Notification
  • I-693 Medical Examination
  • I-94 Arrival-Departure Record

 

これらの書類とともに必要だったものがこちらです

 

  • それぞれの出生証明書のコピー (日本人は戸籍謄本とその英訳)
  • それぞれのパスポートのコピー
  • 嫁のビザのコピー
  • 結婚証明書
  • それぞれの30日以内に撮った証明写真
  • 年収の証明書
  • 銀行口座残高明細書
  • $420 小切手
  • $1070 小切手

 

ここから僕が実際にやった方法を、順を追って説明してもいいのですが、実際なかなか遠回りしたので、失敗から学んだ今だから教えられる、僕が思う最短距離で申請方法を話していこうと思います。

 

 

  1. まず必要な書類を全て記入して用意

f:id:JinTachibana:20170529071659p:plain

(僕はそれぞれを下のように分けて封筒に入れました)

 

< 封筒1: I-130 Petition for Alien Relative >

これはアメリカ人である僕が申請するもので、外国人である妻との関係がしっかりありますという申請です。この申請書のInstructionページにも書いてありますが以下のものを一緒に提出しなければならないので用意します。

  • 僕のG-325 Biographic Information
  • 嫁のG-325 Biographic Information
  • G-1145 E-Notification (E-mailにて通知が欲しい人のみ)
  • 僕のパスポートのコピー
  • 僕の出生証明書
  • 結婚証明書
  • 僕の証明写真
  • 嫁の証明写真
  • $420 小切手

 

< 封筒2: I-485 Permanent Residence or Adjust Status >

これは嫁が申請するもので、今現在の M-1 というVisa ステータスから永住者へ変更してください、という申請書です。これには優先度があり、最も優先的に処理されるのは申請者が嫁であるパターン。次に自分の子供、そしてその他の家族のメンバーという順になって行きます。最優先の配偶者であっても1年近くかかるので、他の優先度の人たちは相当時間かかると思われます。この申請書と一緒に提出するのはこれらの書類です。

  • 嫁のG-325 Biographic Information
  • 嫁のI-693 Medical Examination (これはプリントアウトして病院に持って行き、お医者さんに記入してもらう)
  • 嫁の戸籍謄本とその英訳
  • 結婚証明書
  • 嫁のパスポートのコピー
  • 嫁のビザページのコピー
  • 嫁の証明写真 2枚
  • $1070 小切手
  • I-864 Affidavit of Support (これは、アメリカ人側が外国人である配偶者を経済的に養えるかという証明です。僕はバイトをしていましたが、学生で規定年収を満たしておらず、仲のいい友人に記入してもらい、僕たち夫婦の保証人になってもらいました。この時、僕が経済的に嫁をサポートできないという証明として、年収証明や銀行口座残高証明書なども一緒に提出しました。)

 

<封筒3: I-765 Employment Authorization >

これは、アメリカで働けるようにするためのもので、実際はいつ申請してもいいのですが、Green Card申請時に一緒に提出すればその申請料が免除されるので、いずれしようと思ってる人は一緒に提出してしまった方がいいと思います。これらの書類が必要になります。

  • 嫁のパスポートのコピー
  • 嫁のI-94 Arrival-Departure Record
  • 嫁の証明写真 2枚

 

<封筒4: I-131 Travel Document >

グリーンカードの申請は時間のかかるものです。基本的には申請中無断でアメリカを出てしまうと、申請放棄とみなされて破棄されてしまうと言います。これを防ぐために、この書類を申請します。この申請をすることで、グリーンカードの申請中も出国したり再入国したりできるようになります。これも絶対必要というわけではありませんが、念のため適当な日本への帰国日時を設定して申請しておきました。これに必要な書類はこれらです。

  • 嫁のパスポートのコピー
  • 嫁のビザページのコピー
  • 嫁の証明写真 2枚

 

  1. Cover Sheetを作成して、大きい封筒に入れ、さらに上記の4つの封筒もその中に入れてまとめて提出

f:id:JinTachibana:20170529071756j:plain

 

Cover sheetは不必要なものなので、逆にプロセスを遅くするなどという意見がネットを見るとありましたが、提出書類を見落として欲しくないと思ったので、やはり作成して入れてしまいましたが問題なかったみたいです。

 

  1. Biometrics Service Appointmentのお知らせを待つ

 

全ての書類を無事だし終わり、向こうがそれを受理すると、申請者の情報を登録するために指紋とサインを登録しなくてはなりません。そしてそのためのAppointmentの通知が家に郵便で届きます。そこには日時と場所が記されているので、それにきちんとしたがって会場に行きましょう。実はこれ、申請書類ごとに届いたりするので、嫁のようにEmployment AuthorizationやTravel Documentなど用に、それぞれ異なる日時の記されたAppointment通知が同時に複数届いたりします。嫁は一番早いものに行って、その2枚を見せたら一回で全てやったことにしてくれました。まぁ、当たり前ですよね。ちなみに嫁は、指定時間に行ったにもかかわらずそこで1時間以上も待ったそうです。

 

  1. Employment Authorization と Re-entry Permitを受け取る

 

ここまで全て終われば、基本的にあとは待つだけです。待っていると仕事ができるようになるEmployment Authorization と 日本に一時帰国できるようになる Re-entry Permitが一つになったカードが送られてきます。これが届けば相当楽ですね。嫁もすぐに日本食レストランなどでバイトしたり、結局申請中2回も日本に帰ったりしていました。ここまでで、提出してからちょうど半年くらいでした。

 

  1. 面接の通知

 

申請から半年でトントンと進みましたが、面接もらうまでが長かった気がします。実際、Green Cardが通らなくてもこの時点で、仕事もできて日本へも自由に行き来できて不自由しなかったので焦ってはいませんでしたが、さらに半年経っても連絡がないので不安に思い、メールで問い合わせたところ、そのあとすぐに面接の案内が来ました。僕のアメリカ人の友人も同じように奥さんのために申請していたのですが、同じように催促の連絡をしたあとすぐに面接の連絡が来たそうです。もしかしたら偶然かもしれませんが、もしかしたら催促はした方がいいのかもしれません。

 

  1. 面接

f:id:JinTachibana:20170529072134p:plain

 

面接の通知が来たら、指定の日時に指定の場所で面接をします。これには準備しなければならない書類があります。こちらは今まで、二人の関係が本物であるという正式な書類を提出して来ましたが、面接ではそれがうわべだけでなく本当に本物かどうかわ見極めようとして来ます。ですので、もう正式な結婚証明書などは必要なく、むしろもっとカジュアルなものが要求されます。僕たちは、一緒に入っている車の保険証明や銀行口座の証明の他に、これらを一応準備して持って行きました。

  • 出会った頃の写真
  • 一緒にカリフォルニアに行った時の航空券
  • 共通の友人と写っている写真
  • 親戚と写っている写真
  • Wedding の写真

写真は大量に準備して行きましたが、結局数枚しか見られず、まず形式的にお互いの個人情報の質問が前半を占めました。僕に、嫁の個人情報の質問。嫁に、僕の個人情報の質問。そうして互いにしっかり知っていることを確認すると、馴れ初めからお互いの趣味、普段お金の管理はどうしているのかなど、少しずつカジュアルな話になり、最終的にはバスケットボールの話をして終わりました。面接自体は20分程度で終わりました。待合室には大勢の人が待っていましたが、通訳も多く、あまりに英語が話せないときは通訳がいないと面接をキャンセルされてしまうケースもあるそうです。

面接結果はその場で教えてくれました。2週間後に郵送でGreen Cardが届くから受け取ってくださいと言われ、全てを終えました。

 

  1. Green Card 受取

 

2週間後、家のポストにGreen Cardと正式な書類など一式が届いていました。これらを受け取り、正式にGreen Card申請全ての手続きが終了し、ホッとしました。書類の提出からここまでちょうど1年でした。

 

 

 

僕たちのケースはアメリカ人と日本人、さらにお互いに学生という状況での結婚だったので少し特殊で、余分なプロセスもありましたが、弁護士なしで無事に取得することができました。実際には各申請書類のInstructionを全て3回ずつ読んだり、知り合いに聞きに行ったり、ある友人からは事情があって保証人を断られたりと、気持ちよくすんなり行った申請プロセスではありませんでしたが、なんとか最後までやり遂げられました。本当に良かったです。

 

もし、僕と同じような境遇や、アメリカ人の方と結婚する際に、相方があまりGreen Card申請を手伝ってくれないというような状況(友人には実際そういう人がいました)で、申請に関することで何か質問のある方は、どうぞコメント欄にて質問ください。知ってる限り、全力で答えさせてもらいます。とても苦労しましたが、この経験が誰かの役に立てればと思います。

 

 

麻雀自動卓 in USA !!

こんにちは、橘ジンです。

 

僕は大学時代、友人とすると言ったら麻雀が多く、徹夜麻雀やお健康麻雀と称して昼間ずっとやっていた時期もありました。

アメリカに移住してからは全く疎遠になっていたのですが、結婚した嫁の家族が大の麻雀好きということで、日本からきてくれた時には連夜麻雀をしていました。なんせ、ご両親さんへの初対面、結婚を申し込む挨拶をしたのですが、その次の日にはもう麻雀卓を共に囲んでいたくらいです。

 

ある夜のお母さんの「自動のやつ買うたらええんちゃうの?」の一言で話はトントン進んでいき、その数日後には家のあるコロラド州まで運んでくれるOnline Shopで購入していました。

 

調べてみると色々なタイプ、スタイルがあり、郵送条件や値段もピンキリで選ぶのは簡単ではありませんでした。

僕が調べていいなと思ったのは、AmazonのAOTOMOの自動麻雀テーブルで、日本のAmazonで検索しても出てこなかったので、もしかしたらアメリカだけかもしれません。届くまで2ヶ月近くかかってしまうらしいですが、折りたたみ可能で価格も$1300と、麻雀自動卓としてはお手頃だと思いました。

f:id:JinTachibana:20170529064547p:plain

 

しかし、お母さんは普通のテーブルとしても使えるものでスタイリッシュなものがいいらしく、そんなもの聞いたことないと考えていたのですが、実際にはしっかり存在しました。カリフォルニアにある中国系の会社 Fortune River Groupが出している、自動麻雀テーブル。

f:id:JinTachibana:20170529064819p:plain

 

テーブル仕様にすると本当にただのおしゃれな木のテーブルに見えます。写真ではすごくシンプルで小さく見えますが、実際は対面の牌が取りにくいくらい大きいです。そして麻雀卓としては、点棒自動計数表示がないこと、牌が1.5倍くらい大きいこと、そして華牌を含んでの自動ということ以外は本当に最高です。点数は通常通り自分で計算すればいいですし、牌が大きいのはすぐになれますし、逆にやりやすかったりします。花牌については、僕たちは最後尾の山から8つを、花牌をツモった人は交換できるという仕組みにして解決しました。3麻の北みたいなもんです。

サイズも大きく、重いですが、運び入れ、組み立て、テストも全て、後日業者が来てやってくれます。ちなみに僕は、メールをしっかり読んでおらず、100kg以上もあるテーブルを自分で地下室まで運び組み立て、配線なども中国語で書かれている説明書をGoogle Translateで嫁と二人でどうにか頑張って完成させました。後で業者からメールが来たので、自分でできたから来る必要はないと言ったら"Amazing! You are the best!!!"などと言われ驚かれました。動作もスムーズで、引っかかることもありませんし、日本の雀荘にあるものに比べると格段にいいです。ただお値段が$2400くらいと少々高いですが、送料込みですし、長期で使う予定のある人は払う価値はあると思います。

 

僕はもうすぐNYに引っ越してしまいますが、これで休みにコロラドに帰る楽しみがもう一つ増えました。